あのカワイイ山野が、こんな顔してご褒美ねだるなんて
らする/青林堂

4話 今時の・・・(2)


「急には入らないよ(´・ー・`)」そう山野は笑って、土屋くんのモノを舐め始める。
ちゅう・・と吸い、ぺろぺろと音をたてる。その感覚がとても良かったのか、すぐに土屋くんは射精してしまった。
それを全て飲んで、「いいよ・・・して」と股を広げる山野。挿入するかとおもいきや、お返しとばかりにそこを舐め始める土屋。

「んはぁっ、、あっ・・!」身体がガクガクと震えだし、早く入れて欲しいと涙目でおねだりするのだった。
「あんっ」山野がエロい声を出すたびに、土屋くんの気持ちは盛り上がっていく。
「きもちいいよぉ( ´∀`)」行為はより激しくなっていき、キスをしたり触りあったり、見つめ合ったり、、、そうしてついに、、、

う、、、わぁあああああ!急に青春?!?!?!でも主導権は山野さんにあるから、、、
土屋くんは言われるがまま、メロッメロになっちゃってwwwでも幼い2人の初エッチッて感じがしてドキドキしちゃうううううう!!
え、これこのままどうなるの?山野さん、土屋くんのこと好きなの?


▼▼あのカワイイ山野が、こんな顔してご褒美ねだるなんて は下記をタップ▼▼
 

>>>あのカワイイ山野が、こんな顔してご褒美ねだるなんて ←クリックして無料の試し読み!