ちーちゃん開発日記

第三話・前編

あらすじ:

親戚のおじさんのおかげで授業中ですら「いやらしいことしか考えられない」ちさと。

我慢できなくなったちさとは、おじさんから渡された器具でなんと授業中にオナニーを始めてしまう。

なんとか授業を抜けだしたちさとは、女子トイレでそのままオナニーを続けるが、そこを同じ学校の教師が目撃していることを彼女は知らなかった。

生徒指導という立場を利用した教師がちさとに迫る・・・!

感想:

ちーちゃん開発日記も3話めに入ると、かなりのところまで「開発」されていることがわかります。

が、今回登場するのはここまで彼女を開発してきたおじさんではなく学校の教師。

もっとも、彼も親戚のおじさん並の変態なのでちーちゃんがいろいろとヒドイ目に遭ってしまいます!

この漫画に出てくる大人は全員変態か!とツッコみたくなりますが、それはそれとして今度は新たな角度から開発してくれるのかといった期待感があるのもまた事実。

今回は良いところで終わりますので、次回の後編が早く読みたいです。

▼▼ちーちゃん開発日記 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼



>>>ちーちゃん開発日記 ←無料立ち読みはこちらをタップ

※Handyコミックに移動します。「ちーちゃん開発日記」と検索


ちーちゃん開発日記 第三話・後編のあらすじと感想




ちーちゃん開発日記

第三話・後編

あらすじ:

親戚のおじさんに渡されたローターのリモコンを教師に奪われ、良いように弄ばれるちさと。

さらにそこへ教頭が現れる。

なんと、生徒指導の教師は既に教頭にメールでちさとのことを送信していたのだ。

「そういうことなら私も手伝おう」とほくそ笑む教頭は、そのまま二人でちさとの「指導」を開始する。

教師二人に囲まれて、ちさとの理性は学校でも崩壊することに・・・。

感想:

今回は、教頭先生が登場、二人がかりでちーちゃんに襲いかかります。

この教頭、最初は良い人かと思わせておいて「そういうことなら・・・」とニヤリと笑うシーン、ここは思わず笑ってしまいました。

嫌がるちーちゃんではありますが、既にここまでで経験を積んでいることもあり、変態教師を迎え撃つ?体勢はできているようです。

実際に、ラストのコマではほぼレイプに近い仕打ちを受けているにもかかわらず笑みがこぼれていたので、かなりのところまで開発が進んでいることがわかります。

▼▼ちーちゃん開発日記 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼



>>>ちーちゃん開発日記 ←無料立ち読みはこちらをタップ


ちーちゃん開発日記 第四話・前編のあらすじと感想




ちーちゃん開発日記

第四話・前編

あらすじ:

「勉強中」の札がたてられたちさとの部屋。

もちろん勉強などしているはずもなく、今日も今日とて親戚のおじさんとの変態プレイの真っ最中。

頭では嫌がっていても、いつしか体は求めるようになってしまったちさと。

そんな中、おじさんはちさとの部屋で映画のチケットを見つける。

仕方なくおじさんと映画にやってきたちさとは、そこで・・・?

感想:

これまでにないハードな「調教」で幕を開ける今回の第四話ですが、それにしてもおじさんは本当にいろんな器具を持っていますね~(笑

前回大活躍(?)したローターについで今回登場するのは、拘束用のバンド!いったいどこで何のために買っていたのかはもちろん語られませんが、無駄にならずに済んでよかったといったところでしょうか。

第一話の頃に比べるとまるで別人のようになってしまったちーちゃんですが、果たしてこのまま成長してしまうのか、それとも最後の最後で逆転があるのか?映画館の暗闇の中最後の調教が始まります。

▼▼ちーちゃん開発日記 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼



>>>ちーちゃん開発日記 ←無料立ち読みはこちらをタップ


ちーちゃん開発日記 第四話・後編




ちーちゃん開発日記

第四話・後編

あらすじ:

おじさんと映画館にやってきたちさと。

場所にかかわらずおじさんの「責め」は続き、映画館の暗闇でもおじさんの絶技がちさとに迫る。

同じ映画館には彼女の先輩と友達も来ているため、必死に声が出そうになるのをこらえるちさと。

映画館でおじさんとのセックスに及んだ彼女は、もう自分が周りの友達とは違う体になってしまったことに気づくのだった。

感想:

映画館でのプレイは、ある意味「野外プレイ」よりも新鮮で緊張感にあふれる場面でした。

ていうかちーちゃんはともかく、おじさんがあそこまでやってたら他の人が気づくでしょ(笑

先輩の姿を映画館で見つけて、気づかれたら困るという程度には理性が残っていたちーちゃんですが、今回めでたく(?)おじさんのモノとなりました。

作画力が高いためちーちゃんは本当に可愛らしく、おじさんは本当に気持ち悪く描写されているというギャップに、最後まで楽しませてもらいました。

と思っていたら「つづく」の文字。まだ最終回じゃない?

▼▼ちーちゃん開発日記 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼



>>>ちーちゃん開発日記 ←無料立ち読みはこちらをタップ


ちーちゃん開発日記 アフターのあらすじと感想




ちーちゃん開発日記

アフター

あらすじ:

大学生になったちさとは、すっかりおじさんの「虜」となっていた。

毎日下着を身につけずに外に出歩くことも朝飯前の「痴女」へと「成長」したちさとは今日もおじさんとのセックスに臨む。

公園で人が見ているのも構わずにただひたすら・・・。

感想:

今回で最終回です。

ただし、事実上の最終回は前回であり、今回は「アフター」の名前の通り「おまけ回」の意味合いが強いでしょう。

これまで様々な意味で存在感を出していたおじさんですが、今回は完全に脇役です。

もはや衆人環視の野外プレイなど問題にしないちーちゃんに対して何の言葉もなくただひたすら腰を振る、それが今回のおじさんの役回りです。

結果として「開発」に成功したものの、
「人に見られる」こと自体をおじさんはどう思っていたのでしょう。

映画館や夜道など、「見られそうで見られない」状況ばかりだったことを思うと、それはおじさんなりの「優しさ」だったのかもしれません。

▼▼ちーちゃん開発日記 無料立ち読みはこちらをタップ▼▼



>>>ちーちゃん開発日記 ←無料立ち読みはこちらをタップ